HOME > IFA取引 > IFA取引とは

IFA営業部

TEL: 03-3668-2781
FAX: 03-3668-5570

IFA取引とは

証券ジャパンと金融商品仲介業

金融商品仲介業(IFA)は、元来、証券会社のみに限られていた有価証券を取り扱うことで、新たな顧客層を取り込む営業スタイルの進化系と言われています。日本では、改正証券取引法により平成16年4月1日より「証券仲介業制度」が施行されました。
証券ジャパンは、先見性を持って、平成16年に証券仲介業制度に参入、その後、急成長を遂げました。今後も、より一層のIFA事業拡大を図ってまいります。
皆様に対するお客様の信頼が、私たちの信頼につながり、皆様のご成功が、私たちの成功にもつながります。私たちは同じ船に乗る仲間であり、私たちは皆様のサポーターであり続けます。単に、商品を提供し、報酬をお支払いするという事務的な関係に止まらず、お客様の信頼獲得に向け、付加価値のあるサービスをご提供いたします。
これから金融商品仲介業を始めたいとお考えの皆様も、既に金融商品仲介業を行っている皆様も、是非とも、証券ジャパンをパートナーにお選びください。

金融商品仲介業(IFA)とは

独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA:Independent Financial Advisor /インディペンデント・ファイナンシャル・アドバイザー)の略。直訳すると「独立したお金の相談相手」です。
IFA は、顧客に必要のない商品を勧めることなく、純粋に顧客サイドに立った公正なアドバイスを行うことが可能です。また、系列に縛られない商品選択ができ、自由な営業活動が可能です。

IFA業者と証券会社の違い

IFA業者と証券会社の違い

IFAの特徴

  1. 証券会社からのマージンが収入
  2. 自由な営業方針
  3. 組織の簡略化(低コスト化)
  4. 一般的な営業員よりマージンが大きい
  5. 他業種との兼業が可能
  6. 複数の証券会社と契約が可能

IFAを始めるために

IFAを始める2つの方法

1独立した事業者としてスタート

金融商品仲介業を募集している金融機関に契約手続きを行い、登録に必要な書類を管轄の財務局長に提出し、内閣総理大臣に登録します。さらに外務員の登録を行なえば、金融商品仲介業を始めることができます。

独立した事業者として

2金融商品仲介業者との契約

金融商品仲介業者として活動している個人や法人と契約し契約社員などの資格で、その個人や法人の金融商品仲介業の看板を背負い営業する方法です。

金融商品仲介業者との契約

前者は、内閣総理大臣の登録が必要になります。証券会社のように、証券システムコストやコンプライアンス要員などのコストをかけることなく、効率的な経営が可能です。
後者は参入が容易です。金融商品仲介業者の看板の下、営業に集中できます。金融商品仲介業者に所属することになりますので、福利厚生を享受できる安心感があります。また、独立を視野に入れて修業をする、経験を積むことができます。

IFAの資格

金融商品仲介業者の役職員(役員、社員、契約社員等)が有価証券の売買その他の委託の勧誘を行う場合は、金融商品仲介業者としての登録のほかに、役職員については外務員登録が必要になります(金融商品取引法 第66条の25)。
また、金融商品仲介業を始めるには以下の条件が決められています(金融商品取引法 第66条~第66条の4)。

勤務先 金融機関(銀行・協同組織金融機関・信託会社その他政令で定める金融機関)以外の者
行政処分歴や犯罪歴 過去5年以内に行政処分歴や犯罪歴などが無い者
知識や経験 金融商品仲介業を適切に行うことができる知識や経験を持つ者
所属 法人・個人を問わない(現在、 証券ジャパンでは原則法人のみの契約とさせていただいております)
登録 内閣総理大臣の登録を受ける必要があります

証券ジャパンのIFA取引

3つの特徴

堅実な証券会社

  • 高い自己資本規制比率による磐石 な経営基盤
  • 取次業務50 年のノウハウをベース とした証券仲介
  • 対面・ネットのコラボレーション

低コスト

  • IFA業者様にとって手間のかからない事務管理
  • 営業管理端末の無料貸与
  • 開業サポート無料

きめ細かなサポート

  • 対面・ネットの2チャネルを同時にご提供
  • 制度改正等に則した実務研修の実施
  • 充実したコンプライアンスサポートの実践

開業サポート

これからIFA を始めたいとお考えの皆様は、管轄財務局との対応、業務方法書、社内規定等の準備等、各種手続 きを含めて、証券ジャパンが全面的にバックアップいたします。

金融商品仲介業ビジネス説明会

IFA を始めたいとお考えの皆様に、IFA ビジネスモデルの説明会を、随時、開催しております。

金融商品仲介業代理申請

①登録免許税(財務局申請時)
90,000円
②登録外務員数に応じた追加手数料
一人当たり登録費が別途かかります。
③申請サポート料
無料

※御社に代わって、仲介業に必要な書類を管轄の財務局長宛に提出いたします。

導入研修

ビジネスモデルの検討に関するアドバイスや、金融商品取引法や関連法令・諸規則に関するコンプライアンス研修を実施いたします。

商品ラインナップ

対面取引

  1. 株式現物取引
  2. 株式信用取引
  3. 個人向け国債
  4. 外国債券
  5. 投資信託
  6. 日経225先物取引
  7. 米国株式

インターネット取引

  1. 株式現物取引
  2. 株式信用取引
  3. 投資信託

充実の営業支援メニュー

営業・管理端末の貸与 無料

証券ジャパンの業務システム端末(顧客情報照会ツール)を無料貸与いたします。発注や資産状況の照会等、スピーディーな対応が可能となり、利便性が向上いたします。

法定帳簿の作成支援 無料

IFA業者様で必要となる「金融商品仲介補助簿」の作成ツールを、無料でご提供いたします。

万全のコンプライアンス

勧誘・セミナー等の営業用資料や、ホームページ・広告掲載の内容について、法令順守の確認と指導を行います。
また、導入研修、継続研修、集合研修等、わかりやすく充実したコンプライアンス研修プログラムによる、万全のサポートをご提供いたします。

調査情報部による情報発信

証券ジャパン調査情報部によるマーケット情報、投資情報レポート等、タイムリーな情報を発信いたします。

サポート専用ホームページ

金融商品仲介業者専用サイトで、様々な情報をご提供いたします。

安心の専門スタッフによる電話受注

営業端末から発注できない場合のため、証券ジャパンでは、専門スタッフによる電話受注サービスをご用意しています。証券ジャパンは、IFA 業者様の、あらゆる状況に対応できるよう心がけております。

充実した取扱商品の提供

IFA 業者の皆様は、証券ジャパンを含めた特定の証券会社に従属するのではなく、皆様お一人お一人が主役となって、主体的に業務を行っていただくことができます。皆様自身のお考えで、お客様にとって最適と思われる資産運用をご提案ください。
証券ジャパンは、そのために必要な環境を、今後とも全力を上げて整備・向上していきます。

セミナー・勉強会への講師派遣

営業現場のニーズに即したセミナーや勉強会の開催等を企画し、証券ジャパン調査情報部から講師を派遣いたします。

その他の営業サポート

取扱商品や顧客対応に関する個別相談、各種ディスクロージャー書面の整備サポート、財務局・協会提出書面の作成、法改正・税制改正に伴う各種研修の実施等、様々な形で営 業をサポートいたします。

開業・取引開始までの流れ

お手続き開始からお客様との取引開始まで、これから金融商品仲介業を始める皆様の場合は4ヶ月程度を想定しています。既に金融商品仲介業を行っている皆様(乗合契約)の場合は、2週間程度を想定しています。

開業・取引開始までの流れ

金融商品仲介業(IFA)ビジネスに関するお問合せ

株式会社証券ジャパン
IFA営業部
03(3668)2781
E-mail ifa1@secjp.co.jp

当社が提供する各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねますのでご了承ください。尚、当社がインターネット上で公開しているすべての情報について、当社の許可なく転用・販売することを禁じます。