HOME > 投資情報

投資情報

マーケット情報






「マーケット情報」はリアルタイム更新ではありません。更新頻度等につきましては「ご注意事項」をご確認ください。



セミナー動画

毎回ご好評をいただいておりますセミナーの模様を動画で公開

杉村富生氏特別講演『新年度入りと株式相場』                 収録日:2017年3月12日

 公 開 日 :2017年3月23日

 視聴期限:2017年3月31日

3月12日に開催された経済評論家杉村富生氏による株式セミナーのの様子を期間限定で配信!
※公開を終了いたしました。

※本動画はデータ容量が非常に大きいため情報機器の性能等の問題で、ご視聴出来ない場合もございます。
※通信環境によっては、上記データ容量等の問題から通信料金が過大になる可能性も考えられます。視聴される
 動画データ容量をご確認の上、ご自身の判断で視聴をお願いいたします。
※本動画は情報の提供を目的とするものであり、 個別銘柄などの投資勧誘を目的としたものではありません。 最終的
 な判断は、必ずお客様ご自身の判断と責任にて行ってください。
※リスク等重要事項についてはこちらをご確認ください。

投資情報レポート

世界を見る、経済の先を読む力がつく
調査情報部長大谷正之が語る 世界経済の舞台裏

大谷正之

大谷正之(おおたにまさゆき)
株式会社 証券ジャパン 調査情報部長
1960年生まれ。立正大学文学部卒、83年丸和証券入社、営業を経て96年から現職。日本テクニカルアナリスト協会 検定テクニカルアナリスト(CFTe)、AFP。
トレンドの芽をいち早くキャッチすべく、フィールド重視の調査を心がけている。
日経新聞をはじめ業界新聞や雑誌への寄稿、時事通信、日経クイック、ロイターなどの通信社やラジオ日経、ストックボイス、日経CNBCなどのメディアにもコメントを寄せている。

最新版

2018年12月10日

投資情報ウィークリー(12/10)

先週の東京市場は、続伸で始まるも、急反落となった。週初は米中首脳会談での関税率引き上げ保留を好感し大幅高となったものの、投機筋の先物売りに加え、中国ファーウェイのCFO逮捕の報道などで急落となった。日経平均は高値からわずか3日間で一時1400円近い下落となったが、週末にかけて反発し400円近く値を戻した。米国市場も米中首脳会談を受けて上昇したが、長期金利の急低下が先行きの景気減速懸念につながったうえ、英国議会の混乱やトランプ大統領の対中強硬姿勢、さらにはファーウェイ問題が追い打ちをかけ、NYダウは「国民追悼の日」の休場を挟んだ2日間で、一時高値から最大1700ドルを超える急落となった。ただ、直近安値水準で下げ止まると反発に転じた。為替市場でドル円は、米長期金利の急低下を受けて、1ドル112円台半ばまで円高が進んだ。ユーロ円はブレグジットを巡る警戒感から、1ユーロ128円台前半へ下落した。
今週の東京市場は、神経質な展開ながら、下値固めの動きとなろう。メジャーSQを控えて、先物主導の動きに神経質になりながらも、割安感からの押し目買いが支えとなり、下げ渋る展開となろう。個別材料株物色に加え、株価指標面で割安感のある銘柄や信用取り組みが良好な銘柄などが底堅い動きとなろう。米国市場は米中貿易戦争への懸念やブレグジットへの警戒感が燻るものの、堅調な経済指標を背景に底堅い展開となろう。為替市場でドル円は、米長期金利の落ち着きを受けて、1ドル113円を挟んだもみ合いとなろう。ユーロ円はブレグジットへの警戒感が燻り、1ユーロ128円を挟んだ動きとなろう。
今週、国内では10日(月)に7-9月期のGDP改定値、11月の景気ウォッチャー調査、11日(火)に10-12月期の法人企業景気予測調査、12日(水)に10月の機械受注、14日(金)に日銀短観12月調査が発表されるほか、10日が臨時国会会期末、14日がメジャーSQとなる。一方、海外では11日に11月の米卸売物価、12日に11月の米消費者物価、財政収支、14日に11月の中国鉱工業生産、米小売売上高、鉱工業生産が発表されるほか、11日に英議会でEU離脱合意案採決、13日(木)にECB定例理事会、EU首脳会議が行われる。
テクニカル面で日経平均は、日足一目均衡表の抵抗帯上限で上値を抑えられ、転換線や基準線を一気に下回った。だが、10月26日安値(20971円)と11月21日安値(21243円)を結んだサポートライン(21390円付近:7日現在)や月足の24か月移動平均線(21352円:同)の水準で切り返す動きとなった。目先は6日安値(21307円)が下値めどとなるが、下回ると10月26日安値が視野に入ろう。さらにこれを割り込むと3月26日安値(20347円)を試す可能性が出てこよう。一方、サポートラインを維持できれば、基準線(21971円:同)や転換線(22003円:同)、さらに抵抗帯下限(22266円:同)への戻りを試す動きとなろう。・・・

大谷レポートのさらに詳しい情報はPDFをご覧ください



当社が提供する各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねますのでご了承ください。尚、当社がインターネット上で公開しているすべての情報について、当社の許可なく転用・販売することを禁じます。