HOME > 採用情報 > 人を知る > 女性として母として営業マンとして

女性として母として営業マンとして

人と話すのが好きで、いろいろな話を聞ける営業を志望。女性ならではの細やかな気配りを。

2011年入社 M.A 法学部卒業

元住吉支店、藤沢支店を経て、また、2度の育児休暇の経て、

現在は本社営業本部 営業開発部。新しい営業方法について、ベテラン社員とともに、若手として、女性として、また母としての視点で、改善や提案を繰り返す日々。新しいことを任される苦しみと喜びを感じる毎日は充実している。

中学・高校ではバレーボール、大学ではビーチバレーをやっていたアスリート。仕事と育児を両立し、忙しい毎日を送っている。

育児休業、短時間勤務、保育施設費用補助など、子供のいる女性も働きやすい充実した制度のある会社。
これからもずっと、好きな営業の仕事を続けていきたいと思っています。

 

育児休業、短時間勤務、保育施設費用補助など、子供のいる女性も働きやすい充実した制度のある会社。
これからもずっと、好きな営業の仕事を続けていきたいと思っています。  2回の産休と育児休業をとらせていただき、職場に復帰しました。現在は短時間勤務制度を活用し、仕事と育児を両立しています。こうした制度をはじめ、今当社では、女性が働きやすい職場にするために、さまざまな制度を作っていこう、充実させていこうという流れがあります。

 一度目の育児休暇復帰後の業務は、藤沢支店にて新規開拓と休眠のお客様へのアプローチ。お客様から、「ありがとう。またお願いするね」「また来てくれて新しい情報をくれてすごく助かるよ」と感謝されたときは、訪れた甲斐があったと嬉しくなりました。

 一番印象に残っているエピソードは、入社1件目のお客様。その家のご主人は、「他の証券会社さんと取引しているからできない」と、ずっとおっしゃっていました。でも、3ヵ月くらい手紙を出し続けていたある日、訪問するように電話がかかってきました。奥様ががんを克服されたあとで、ご主人が奥様に「これで好きなところに旅行に行きなさい」とお金を渡されたらしいのです。そのお金を、奥様が私に預けてくれるように、ご主人に頼まれたということでした。「いつも来てくれるあなたを見ていた。今の時代、手紙をもらう機会はなかなかないから、すごく嬉しかったよ」とおっしゃって、手紙も大切にとっていてくれました。何年経ってもあのときの感動は忘れられません。それをきっかけに、お客様に誕生日のお祝いのお手紙や、一言添えた手紙を出すようになりました。  日々の業務で心がけているのは、どんなささいなことでも丁寧に対応することです。私は育児休業を終えて仕事に復帰した営業員の第一号でもあるので、後輩からこういう働き方もあるのだと思ってもらえるような営業員になりたいですね。

就活生へのメッセージ

就職活動は、最後まで諦めないこと。自分の信念は曲げないことが大切。これからは共働きの時代になってくると思いますので、女性の方は志望する会社が育児休業後に復帰しやすいか、保育施設への費用補助があるかなども調べておくといいかもしれません。

天気の良い休日は、子供と近くの公園でいっぱい遊んでいます。家族で旅行に行くのも楽しみの一つです。

近くの江ノ島水族館へ。いろいろな魚に子供も大喜び。

当社が提供する各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねますのでご了承ください。尚、当社がインターネット上で公開しているすべての情報について、当社の許可なく転用・販売することを禁じます。