HOME > 採用情報 > 人を知る > 営業を支え、会社を支える本社の若手社員

営業を支え、会社を支える本社の若手社員

4本のチャネル、営業体すべてを統括する部署で、商品の営業戦略を考える。投信委託会社やアレンジャーさんとのコミュニケーションや折衝が面白い。

2011年入社 営業統括部 商品企画グループ K.J 経営学部卒業

沼津支店、柏支店で営業を経験後、

本社営業本部 営業推進部にて商品戦略と企画を担当。

現在は総合企画部 財務経理グループ。

何事もミスをせず、正確さを日々継続することを心がけています。
お客様第一が基本ですので、常に誠実、真面目であり続けたいと思っています。

 現在担当しているのは「財務経理」の仕事です。入社以来、営業を中心に経験してきたので、今までの経験が生かせることもあれば、新しく覚えることも山のようにあり、日々勉強の毎日です。複数の部署を経験出来るということはそれだけ自分が成長できることであり、自分の可能性を広げるチャンスだと思います。

 以前所属していた営業統括部は、当社の4本のチャネル、営業体すべてを統括する部署。その中の商品企画グループで、商品の営業戦略業務を担当していました。例えば2014年にNISA(ニーサ)が始まりましたが、この制度に則して商品を企画し、投資信託の設定や運用管理を行っている委託会社から話を聞いて導入。それを営業部に情報発信し、販売のための勉強会を企画したりしています。
 営業企画の仕事の面白さは、投信委託会社やアレンジャーさんとのコミュニケーションや折衝に尽きます。提案されるファンドについて意見交換を行いますが、そうした折衝を通してお客様のニーズや市場トレンドにマッチした商品をセレクトしていくのが醍醐味ですね。また、トレンドを追うことや、数理的なスキル、ITのスキルを自分のものにできることも魅力です。
 心がけているのは何事もミスをしないこと。数字を扱う仕事ですので、コンマ一桁の間違いでも許されません。営業本部はアウトプットする場面が多いので、一歩間違うとミスがお客様の目に触れることになります。ですから何事も正確に、そして継続して行うことを心がけています。業務における目標は、新しい商品を手掛けること。金融工学に興味がありますので、商品組成の工程などもより詳しく理解できたらと思います。

 当社は、若い世代が約3割を占めています。入社後にはいろいろな部署が経験できます。大手証券会社は、特定の分野、部署、業務についてのプロフェッショナルが多いと思いますが、当社は社員が少ない分、どちらかというとゼネラリストになれると思います。また、当社には4本のチャネルがあるため、時代に対応して、新しいビジネス、新しい業態を確立できると思います。

就活生へのメッセージ

世の中にたくさんある企業の中で当社を選ぶ理由、何ができるか、何がしたいかをはっきり考えてみるとよいと思います。これからは、今あるものを享受し続けようという人間よりも、自分で作り出すことのできる人間が必要とされていると思います。

バイク歴4年。沼津支店のときは愛車で伊豆半島にツーリングに出かけました。現在は街乗りが多いのですが、近いうちに北海道にツーリングに行きたいですね。

会社帰りに同期と日本橋や八重洲界隈で飲み会。何でも話し合える同期はやっぱりありがたい存在。

当社が提供する各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねますのでご了承ください。尚、当社がインターネット上で公開しているすべての情報について、当社の許可なく転用・販売することを禁じます。