HOME > 投資情報

投資情報

マーケット情報






「マーケット情報」はリアルタイム更新ではありません。更新頻度等につきましては「ご注意事項」をご確認ください。



セミナー動画

毎回ご好評をいただいておりますセミナーの模様を動画で公開

杉村富生氏特別講演『新年度入りと株式相場』                 収録日:2017年3月12日

 公 開 日 :2017年3月23日

 視聴期限:2017年3月31日

3月12日に開催された経済評論家杉村富生氏による株式セミナーのの様子を期間限定で配信!
※公開を終了いたしました。

※本動画はデータ容量が非常に大きいため情報機器の性能等の問題で、ご視聴出来ない場合もございます。
※通信環境によっては、上記データ容量等の問題から通信料金が過大になる可能性も考えられます。視聴される
 動画データ容量をご確認の上、ご自身の判断で視聴をお願いいたします。
※本動画は情報の提供を目的とするものであり、 個別銘柄などの投資勧誘を目的としたものではありません。 最終的
 な判断は、必ずお客様ご自身の判断と責任にて行ってください。
※リスク等重要事項についてはこちらをご確認ください。

投資情報レポート

世界を見る、経済の先を読む力がつく
調査情報部長大谷正之が語る 世界経済の舞台裏

大谷正之

大谷正之(おおたにまさゆき)
株式会社 証券ジャパン 調査情報部長
1960年生まれ。立正大学文学部卒、83年丸和証券入社、営業を経て96年から現職。日本テクニカルアナリスト協会 検定テクニカルアナリスト(CFTe)、AFP。
トレンドの芽をいち早くキャッチすべく、フィールド重視の調査を心がけている。
日経新聞をはじめ業界新聞や雑誌への寄稿、時事通信、日経クイック、ロイターなどの通信社やラジオ日経、ストックボイス、日経CNBCなどのメディアにもコメントを寄せている。

最新版

2018年10月15日

投資情報ウィークリー(10/15)

先週の東京市場は、続急落となった。週初は一旦下げ渋ったものの、米国株の大幅下落と円高を受けて、日経平均は一時22300円台まで突っ込んだ。週末には幾分戻したものの、一時9月7日安値以降の上昇分(2276円)をほぼ帳消しにした。輸出関連株や中小型株の下落が相対的に大きくなった。なお、10月限の先物・オプションSQ値は22313.75円だった。米国市場は、米中貿易戦争への懸念に加え、インフレ警戒感が高まり、世界景気の先行きに対する不透明感が一気に強まった。NYダウは10日に831ドル安と史上3番目の下落幅を記録した(なお、1位、2位も本年)。為替市場でドル円は、リスクオフムードの高まりから、ドルが売られる展開となり、1ドル111円台を付ける場面があった。ユーロ円はイタリア政局やブレグジットへの警戒感が燻り、1ユーロ129円台でもみ合う展開となった。
今週の東京市場は、底堅くも、神経質な展開となろう。米国や中国の経済指標発表を受けた海外マーケットの動向を睨みつつも、短期的な値幅調整はほぼ完了し、日柄調整となろう。政策期待や企業業績期待が下支えとなり、好業績期待銘柄や信用好取組銘柄が物色されよう。米国市場は経済指標や企業業績を映した長期金利動向を睨みつつ、不安定な動きが続くものの、下値はある程度限られよう。為替市場でドル円は、景気の先行き不透明感からもみ合いとなり、1ドル111円~113円のレンジとなろう。ユーロ円はイタリア政局の落ち着きやブレグジット懸念の後退で、ユーロがしっかりとなり、1ユーロ130円を挟んだ動きとなろう。
今週、国内では18日(木)に9月の貿易統計、19日(金)に9月の消費者物価が発表されるほか、18日には日銀支店長会議が開催される。一方、海外では15日(月)に9月の米小売売上高、16日(火)に9月の中国消費者物価、米鉱工業生産、17日(水)に9月の米住宅着工、18日に9月の米景気先行指数、19日に中国の7-9月期GDP、9月の鉱工業生産、小売売上高が発表されるほか、17日、18日にEU首脳会議が開かれる。
テクニカル面で日経平均は、主要な節目である26週(22692円:12日現在)や52週(22506円:同)の移動平均線を一時下回ったものの、週末にはこれらを回復した。また、この水準には3月26日安値(20347円)を起点として、7月5日安値、8月13日安値、9月7日安値を結んだサポートライン(22450円近辺)も位置している。今後これらを維持できれば、上昇トレンドが継続し、13週線(22910円:同)や11日に空けた窓(23373円)への戻りが期待できよう。逆に、大きく割り込むようなら、本格的な調整に発展する可能性が高まり、9月7日安値(22172円)や8月13日安値(21851円)を意識した動きとなろう。・・・

大谷レポートのさらに詳しい情報はPDFをご覧ください





当社が提供する各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねますのでご了承ください。尚、当社がインターネット上で公開しているすべての情報について、当社の許可なく転用・販売することを禁じます。