HOME > サービス案内・手数料 > リスク等重要事項

リスク等重要事項

株式投資のリスク

株価の変動により投資元本を割り込むことがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により投資元本を割り込むことがあります。
信用取引は、少額の保証金で多額の取引を行うことができることから、相場状況により保証金の大部分またはその全てを失う可能性があります。また、その損失の額は差し入れた保証金の額を上回る可能性もあります。

ETFのリスク

ETFの価格は、組入有価証券の価格変動により上下するので、これにより投資元本を割り込むことがあります。また、ETFの発行者および組み入れられた投資対象の発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがあります。
また、外貨建て資産で運用されるETFには、通貨価格の変動や投資対象国の政治・経済情勢や金融市場の動向等により、投資元本を割り込むことがあります。

REITのリスク

REITの価格は、不動産市況や金利の変動、景気見通し等により上下するので、これにより投資元本を割り込むことがあります。また、発行者である投資法人の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがあります。
REITが保有する不動産は、自然災害等の予測不可能な偶発事象などにより滅失、毀損又は劣化等の影響を受ける可能性があります。また、不動産等に係る法制度の変更により、不動産やREIT等の価値が影響を受ける可能性があります。

外国株式投資のリスク

株価の下落により投資元本を割り込むことがあります。また、通貨価格の変動や発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により投資元本を割り込むことがあります。

円貨建て債券投資のリスク

債券の価格は金利の変動により上下するので、投資元本を割り込むことがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により投資元本を割り込むことがあります。

外貨建て債券投資のリスク

債券の価格は金利の変動により上下するので、投資元本を割り込むことがあります。また、通貨価格の変動や発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により投資元本を割り込むことがあります。

個人向け国債のリスク

個人向け国債は、発行から1年間、原則として中途換金はできません。中途換金する際には、原則として中途換金調整額が売却される額面金額に経過利子を加えた金額より差し引かれることになります

株価指数先物取引のリスク

株価指数先物の価格は、対象とする株価指数の変動により上下するので、これにより差損を生じることがあります。また、株価指数先物取引は少額の証拠金で多額の取引を行うことができることから、相場状況により証拠金の大部分またはその全てを失う可能性があります。また、その損失は証拠金の額を上回る可能性もあります。

株価指数オプション取引のリスク

株価指数オプションの価格は、対象とする株価指数の変動等により上下するので、これにより差損を生じることがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますのでご注意ください。
買方は期日までに転売または権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資元本の全てを失うこととなります。
売方は証拠金を差しれなければならず、相場状況により証拠金の大部分又はその全てを失う可能性があります。又、その損失は証拠金の額を上回る可能性もあります。

投資信託のリスク

投資信託は、銘柄により異なるリスクが存在しており、これにより投資元本を割り込むことがあります。
非上場投資信託の取引をされる際は、当該投資信託の目論見書をご覧下さい。
クローズド期間のある非上場投資信託は、クローズド期間中は換金できません。

当社が提供する各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねますのでご了承ください。尚、当社がインターネット上で公開しているすべての情報について、当社の許可なく転用・販売することを禁じます。

サービス案内・手数料