HOME > 投資情報

投資情報

マーケット情報













「マーケット情報」はリアルタイム更新ではありません。更新頻度等につきましては「ご注意事項」をご確認ください。



投資情報レポート



最新版


2022年1月17日

投資情報ウィークリー(1/17)

■先週の日本株
先週の日本株は、国内の新型コロナの新規感染者の急増による懸念から内需関連株が下落した他、世界的なインフレと金利上昇懸念によるグロース株のローテーション売りなどを受けた半導体関連株、マザーズ上場銘柄などの中小型株の売りが目立った。週末には債券安、円高の警戒感も加わり、週間でTOPIXが0.9%、日経平均が1.24%下落した。ただ、自動車株、鉄鋼・非鉄・卸売・海運など市況関連株、銀行、証券、保険などの金融株などが堅調に推移、相場全体を下支えした。為替市場ではドルが弱く、年初に1ドル116円台を付けたドル円も続落、一時113円台まで円高が進行した。商品では、WTIが80ドル台を回復、LMEニッケルが2011年以来の高値を付けた。・・・

投資情報ウィークリーのさらに詳しい情報はPDFをご覧ください




当社が提供する各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねますのでご了承ください。尚、当社がインターネット上で公開しているすべての情報について、当社の許可なく転用・販売することを禁じます。