HOME > 採用情報 > 仕事を知る > 業務内容

業務内容

4つの営業チャネルで描く、証券会社の進化形。

証券ジャパンの大きな特色の一つが、「対面」「インターネット取引」 「同業(証券会社)取次」「IFA(金融商品仲介業)」という、4つの営業チャネル。 全国には数多くの証券会社がありますが、この4つのチャネルをバランス良く有する証券会社はほとんどなく、 私たちの大きな優位性・独自性になっています。今後も4つの営業チャネルを持つ強みを存分に発揮し、 業界の勢力図を塗り替えるべく、躍進し続けていきます。

証券取引に関するニーズに全方位で応える体制

全方位で

お客様一人ひとりのニーズに誠心誠意お応えする対面営業

東京、神奈川、千葉、静岡など、首都圏を中心に営業拠点を設置し、フェイス・トゥ・フェイスの営業を展開。FP(ファイナンシャル・プランナー)資格、TA(テクニカル・アナリスト)資格を有する営業パーソンが、国内株式から債券まで、お客様のニーズに合わせた資産運用のお手伝いをしています。
中堅証券会社がお客様から支持される大きな理由は、お客様に寄り添うその姿勢にあります。私たちは、地域密着型のフットワークの良い営業により、きめ細かなサービスとタイムリーな情報を、多くのお客様にご提供しています。
すでに私たちとお取引をされているお客様、初めて私たちとお取引をされるお客様、そして地域の皆様から親しまれ、信頼されるために、証券ジャパンの営業パーソンは日々努力を続けています。

簡単・便利なお取引サービス
ネットでお客様に情報をご提供

躍進めざましい株式市場のインターネット取引。「旧ネットウィング証券」の主力業務であったことから、証券ジャパンは、インターネット取引における豊富な経験とノウハウを有しています。
お客様は、ご自宅に限らず、パソコンや携帯電話、スマートフォンがあれば、刻々変化する時価情報をどこにいても24時間見ることができ、取引・決済がオンライン上で行えることから、忙しいビジネスパーソンや主婦の方のご利用も増えています。
証券ジャパンでは、拡大を続けるインターネット取引において、全国のお客様に、ニュース・市場情報、株価の各種チャート、株式銘柄スクリーニング機能、お持ちのポートフォリオの時価評価額、各委託会社が発行する最新レポートなどをご提供し、投資生活をサポートしています。

証券会社様の注文を受注し取引所に発注する取り次ぎ業務

地域密着型の独立系地場証券会社には、金融商品取引所(証券取引所)参加資格または取引所会員権を持たない会社も存在します。そうした証券会社からの注文を受注し、取引所に発注する取り次ぎ業務を、証券ジャパンは手掛けています。
1960年に開始した半世紀以上におよぶ歴史と伝統ある業務で、北海道から九州まで現在約60の証券会社と契約を締結。日本で最大規模の同業取引のネットワークを構築しています。
証券ジャパンでは、大量の注文を瞬時に、そして正確に処理するシステムと、コンプライアンス・内部統制対応などのサポートを通じて、お客様のニーズにお応えしています。また、同業の証券会社を対象に、「アドバイザリー室」を設置。証券会社同士の合併・統合等のサポートを行うなど、アドバイザリー業務の推進を目指しています。

急成長を遂げるIFA事業を 今後も積極的に推進

IFA(Independent Financial Advisor)は、有価証券を取り扱うことのできる金融商品仲介業のこと。証券会社にとっては、新たなお客様層を取り込むための、営業スタイルの進化系と言われています。米国では、投資信託の約半分をIFAが販売し、広く認知されています。 日本では、改正証券取引法により2004年に「証券仲介業制度」が施行されました。証券ジャパンは、先見性を持って同年IFA事業に参入。全国の40を超えるIFA業者と業務委託契約を締結し、信用取引を含む、株式取引、投資信託取引の仲介をしてもらっています。 また、財務局・日本証券業協会への各種申請書、届出書の提出から、コンプライアンス研修や取扱商品説明会の開催など、IFAに関する業務全般について、専門部署の経験豊かなスタッフがパートナーとしてIFA業者をサポートしています。

当社が提供する各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねますのでご了承ください。尚、当社がインターネット上で公開しているすべての情報について、当社の許可なく転用・販売することを禁じます。